お客様ニーズを満たすために

最近アートにチャレンジし、速読やそれに伴う読書も積極的に行い、さらに以前にもお話
したスカッシュなどなど、心身のスキルアップのために様々なジャンルに取り組んでいます。

そして、これらは遠からずシャツ作りにもつながっているんです。

自分が体力面、精神面で色んなことを吸収すると、そのぶん発信する幅も広がります。

そうやって自分の中に情報量を蓄積できるということは、同時に提供できることも増えるということ。

もちろんシャツに直接関係していないこともありますが、引き出しはたくさん持っていて損はありません。

とくに速読はたくさんの本を短時間で頭にインストールできるため、これからもっとレベルアップしたいと思っています。

ただ、せっかく蓄積された情報がうまく引き出されないようでは、宝のもちぐされですよね。そこで、得た知識や情報をきちんと構築し、頭の中

でうまく整理していつでも出せるようなトレーニングも始めています。

ある専門家によると、人間は「考えることを苦手」とする生き物だそうです。意外なよう

に聞こえますが、振り返れば自分も今まで、自分自身の考えというわけではなく周囲の一

つひとつの言葉や行動などに少なからず影響を受けて成長してきました。つまり全くのオ

リジナルを生み出していくほうがむしろ希で、常に入ってくる情報を選択してきて、今の

自分が成立しているのです。

何を伝えたいのかというと、つまりオーダーシャツ作りでも同じことがいえます。

初回オーダーの方は特にそうですが、お客様自身ではしっかり考えをもってオーダーする

ことは容易ではありません。そこでお客様のもつイメージを基本としつつも、どれだけこ

ちらから情報提供(提案)でき、いかにお客様のニーズに近づけられるかが、よりよいオ

ーダーシャツ作りへのカギとなるのです。

情報を得るのも努力ですが、それを引き出していくのはまた別のワザがいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。